屋根の塗装について

屋根の材料、種類は大変多く意外とそのまま放置して葺き替えなくてはいけなくなるお家がよく見かけます。現在の屋根はカラーベストの屋根が多く、その他にもセメント系の瓦やトタンなどは約10年で再塗装をしなくてはいけません。

そのまま放置しておくと塗膜が剥がれ屋根に登ると経年劣化でひび割れしたり、又はカビやコケなどが発生してそこから塗膜の劣化が進むと、雨水が侵入し雨漏れの原因になってしまいます。またセメント瓦ではすでに会社が無くなっていて材料の交換ができないものなどもあります。そんな時の為にも早めの点検と塗装をしなくてはなりません。

ただ劣化が進みすぎていると塗装してもダメです、そんな時は葺き替えなくてはなりません。

ですがカラーベストなどの屋根はそのまま屋根をはがさずに上から重ね張りしていくカバー工法がお薦めです、剥がしの手間や処分費がかからず、割と安価でできます。

皆様も早めのお家の屋根壁の人間ドックを受けてください。

間違えました!

お家ドッグです!

ホームレスキュークリニックまでご相談ください、0120-072-739まで

御見積もりは無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA